マンガ10.b コンピュータ将棋 2

コンピュータ将棋についての続きです。

LabyAI_BTN

↑マンガごっちゃに置かせてもらっています。

コンピュータに将棋をさせるには、将棋のルールを記号の置き換えにして迷路を作り、それを探検して良さそうな道順を決めさせます。

ルールに従って作る迷路なのだから、全部作ればいいかというとそうでもなくて、将棋のようにルールが明確なものでも、ものすごいサイズの迷路になるので、なんとかして迷子にならないようにする必要があるようです。

また、将棋を記号にする方法や探検する方法の基本的なところは、今のところ人間が与えています。それを自分で作るのは将棋が強いのとはまた違った知能のようです。