マンガ-4.b 「作戦会議」

以下の画像よりリンク>

LabyAI_BTN

風呂敷を広げすぎた気がしますし、いろいろおかしなところもありそうですが、全体が見えたほうがいいかな、と思って入れてみました。ひとまずこれに沿って広げてゆきたいと思います。

人工知能を、記号処理的なものと(いわゆる古典的人工知能)、その限界を超えるために、脳の動作にインスパイアされて考えた、コネクショニズム的なものに分けているのをよく見ます(もはやどちらも古典的と言っていいように思えますが…)。それらはコンピュータの出現によって生まれた認知科学と言われる大きな枠組みの中で、他の分野(哲学や論理学、心理学などなど)のアイデアの影響を受けたりしながら生まれたもののようですので、今後は、それらとの関係の中で見てゆきたいなと思っています。

が…うまくいくかどうか…。