マンガ5.g「計算機と意味」スワンプマン

言葉や記号の操作が意味を持つための条件をクオリアに求めるのは、クオリア自体についての意見が収集つかないため、なかなか難しいようでした。

そこで、話を少し戻して、意味は進化によってできてきた、という意見を見てみます。それがスワンプマンです。

LabyAI_BTN
↑マンガごっちゃに置かせてもらっています。


この話を考えたのはデイヴィドソンという人で、スワンプマンの言葉には意味がない!という意見のようですが、ちょっと極端に思います。「偶然できた泥人間の言葉には意味がない」という感覚は共有されている、と思ったということなのでしょうか…?その感覚がなんだか不思議です。

この話はちょっと強引に入れたのですが、機能主義に戻った時に、その機能の「目的」は何か、という観点が必要で、それがなければ機能の動作は正常も異常も見分けられず、どう動いてもよいことになってしまうでしょう。ではその目的とは、生存や進化でないのなら、何なのでしょうか。それを人から与えられ続けていてもいいのでしょうか?

そんなこんなで、あれやこれや見てきましたが、どうしたら記号の操作が意味を持てるのかは、簡単な問題ではなさそうです。